• yuka

トレーニングを継続することの大切さ


トレーナー優花です

体を動かすこともスポーツも苦手で室内派だった私(優花)がトレーナーになろうと思ったきっかけをお話します

約8年前(24歳)の症状

✔︎普通に生活出来ないほどの腰痛

✔︎肩関節や股関節の位置の大きなズレ

✔︎左右差がある偏った歩き方のクセ

✔︎仕事にも集中できないほどの倦怠感

✔︎約2~3週間の便秘

✔︎冷た過ぎて感覚が無くなるくらいの冷え性

✔︎心不全かと疑うような下肢の浮腫み

✔︎皮膚が紫色

✔︎全顔に炎症ニキビ

側湾症からくる酷い症状と向き合い悩みながら、トレーニングを週2~3回ペースで約8年間継続してきました。

本音で言うと、症状が改善するまでの期間は、腰痛が酷いし身体も重くて動かず、メンタル崩壊でレッスンのドタキャンを何度もしましたので、お客様の気持ちがとてもよくわかります。

若い=動ける、悩みがない

わけではないです。

その人の生活習慣によって姿勢の歪みから

カラダの悩みが出てくるのです。

24歳の時と32歳の今、どちらが動けるか、しんどくないか、生き生きとしているかといえば、

今現在体力も気力も限度がわからないほど動き続けられています。

本当に年齢なんて関係ないです、、

トレーニングしても効いてるところがわからない、

腹筋やレッグランジも1回も出来ない、

すぐにバテる

毎年インフルエンザ、扁桃腺炎にかかる

そんな日々が懐かしいほど姿勢・体質改善し

気づいた時から行動してきて良かったと思いました。

左右差も酷く、効いてるかどうかわからないトレーニングを定期的に繰り返し、やる気があったりなかったりする自分のメンタルと向き合いながら、

負けず嫌いな根性で続けてきたことで

自分のカラダが180度変わり

トレーニングの必要性を実感してきました。

自分の目標は人それぞれ違いますが、効果を実感し目標達成させる為には最初の数ヶ月のやる気だけで無く、継続をする努力が必要だと思っています。

私のように、カラダの悩みを抱えている方はとても多いと思います。

そんな悩みを少しでも改善してほしいという思いでトレーナーとして

いつもお客様一人一人と向き合わせていただいております。



自分で自分のカラダを守り、そして変えることができる!

そんな力が誰でも備わっているのに、チャレンジしないと勿体ないと思いませんか?

後悔してからでは遅い。後悔する前に行動し続ければ必ず予防も改善もできるんです。

しんどい中でも体を動かすと、逆に体が軽くなり楽になるんですよ!

これは経験し実感した人しかわからないと思います。

一人でも多くの方にトレーニングの必要性を実感していただきたいです。

自分の姿勢に向き合ってきた分、

私はお客様の姿勢やカラダの使い方を見極めるのが得意です。

動きのクセが気になる、姿勢が気になる、症状を改善させたいと思われる方は是非ご相談下さい。


優花

閲覧数:99回0件のコメント

最新記事

すべて表示